ごっこ遊びと子どもの発達の関係

ボーネルンド キドキド

ごっこ遊び(おままごと)

“まね”が楽しいなりきり遊び

お母さんがしている炊事、洗濯などの行動をまねして遊ぶのが、いわゆるおままごと。中でも、子どもがもっともやりたがるといえば、お料理です。料理は、一日三回と目にする頻度も高く、特にお母さんが真剣に取り組んでいる家事です。また、子どもにとっては野菜や肉、魚などの素材が魔法のように姿を変えて料理になるという、変化の著しさがおもしろく映ります。同じように、お買い物をまねするのも大好き。食材をかごに入れたり、スーパーのレジで見る、お母さんと店員さんとのやり取りは、とても興味深く感じています。 2歳〜4歳くらいまでの子どもは、身近な人の真似や同じことの繰り返しが大好き。身近な大人である親が夢中になる行動であればあるほど、強く「まねしてみたい」「やってみたい」と思います。おままごとは、子どものこうした追体験のニーズを満たす想像あそびです。

ごっこ遊び(おままごと)がある店舗

TOP