ボーネルンド キドキド

4歳児とのふれあい遊び

創造性を発揮できる“きっかけ”づくり

子どもは4歳になると手先も器用になり、頭の中で想像したことを形にしたり、構成する力が高まってきます。この時期に指先をつかった細かい動きを体験することで、脳の成長が促され、巧緻(こうち)性(手指の器用さ)や創造力が養われるといわれます。この頃の子どもは、白紙の状態から何かを表現することはまだ難しいですが、ブロックや積み木など、何かをつくるきっかけとなる材料があれば、イメージをふくらませて自由に組み立て、並べ、想像を形にすることができるようになります。

キドキドなら、4歳児とのふれあい遊びがもっと楽しい!

親子で遊べる室内あそび場「キドキド」には、6ヶ月〜12歳までの子どもと一緒に、ふれあいながら楽しめるあそびがいっぱい!手や指、頭をつかってじっくり遊ぶ知育遊びのゾーンや、体を思いっきり動かして遊ぶ運動遊びのゾーン、そして赤ちゃんとママパパが安心して遊べる専用ゾーンがあり、世界のあそび道具で自由に好きなだけ遊ぶことができます。これらのゾーンはすべて親子で遊ぶためにつくられたもの。だから、ママとパパも子どもと一緒に思いっきり楽しんでくださいね。

近くのキドキド(ベビーガーデン)へ行ってみる!

キドキドは、全国に22箇所。お住まいのエリアから近くのキドキドを探してみてね。

年齢によって変わる、親子のふれあい遊びを教えます

TOP