ボーネルンド キドキド

赤ちゃんと楽しむキドキドの過ごし方

「いい子にしてるから今のうちに」。あれこれ家事や用事で忙しいママには自然なことです。

ぐずったときは近くでお世話して、笑っていれば安心しその場を離れる、という繰り返し。
ご機嫌のよい赤ちゃんは、窓の外や天井を眺めます。

でも。
本当はそんなときこそ、ママと遊んだりコミュニケーションをしたいな、とも思っています。

無理に頑張らなくていい。1週間に1度でいいです。
赤ちゃんとぞんぶんに向き合う「そのための時間」をキドキドで過ごしませんか。

赤ちゃんと楽しむキドキドの過ごし方

キドキドというと、走り回ったり飛び跳ねたりとアクティブなイメージがあり、赤ちゃんでも遊べるのかな?と心配に思うかもしれません。でも大丈夫。
キドキドには、6ヶ月〜1歳半の赤ちゃん専用ゾーン「ベビーガーデン」があり、毎日子育てを頑張ってるママ・パパが集い、たくさんの赤ちゃんで今日もにぎわっていますよ。

POINT1
音・色・形など、赤ちゃんの五感を刺激するあそび道具やしかけがいっぱい!ママやパパが話しかけてあげれば、赤ちゃんもリラックスします。
POINT2
赤ちゃんが遊ぶ姿を見守りながら、同じ月齢の赤ちゃんを持つママやパパと子育てトーク。赤ちゃんは、ママとパパの楽しそうな姿が大好きです。
POINT3
赤ちゃんと一緒に体を動かして遊んでみましょう。はいはいしたり、立っちしたり。時にはプレイリーダーがおすすめのふれあい遊びを教えてくれます。

赤ちゃんの五感を刺激するしかけがいっぱい

キドキドには、音・色・形など、赤ちゃんの五感を刺激するしかけがいっぱい。

  • おすわりして
    両手で遊んでみよう

    布・木・プラスチックなど、いろんな素材の遊具を使って親子でコミュニケーション。はじめての感触やしかけに、赤ちゃんはにこにこ。「今度はどんな遊具かな?」と反応も楽しみに。
  • ボールプールに入ってみよう

    大きなボールプールの中で、親子でたくさんのボールの中に沈んでみましょう。全身に伝わる初めてのボールの感触に、赤ちゃんもびっくり。
  • からだ遊びの道具をつかって
    遊んでみよう

    ハイハイや立っちが上手にできたら、道具をつかって体を動かしてみよう。ゆらゆら揺れたり、少し高いところにのぼったり。やわらかいマットの上だから、転んでも安心です。
  • パペットや絵本で遊んでみよう

    言葉がまだ話せない赤ちゃんでも、ママ・パパがやさしく語りかけることで赤ちゃんの心は育ちます。キドキドにあるたくさんのパペットや絵本の中からお気に入りを見つけてみましょう。
  • 親子で一緒に
    大型遊具にチャレンジ

    大きな遊具はまだ早いかな?キドキドなら大丈夫。ママやパパが赤ちゃんをだっこしながら、回転する大きな筒の中で揺れを楽しんだり、ふわふわのトランポリンで弾む心地を楽しめます。
  • ギアやブロックで遊んでみよう

    くるくる回転するギアの動きに、赤ちゃんもくぎづけ。1歳から遊べるやわらかいブロックなら、親子で初めての作品づくりが楽しめます。
  • ごっこ遊び

    1歳を過ぎると、まねっこ遊びが始まります。本物そっくりの食材をかごに入れたり、子どもサイズのキッチンでお料理のまねをしてみたり。上手にまねっこできるかな?

キドキドの3つのゾーン

map
1.ベビーガーデン
混雑しているときも安心!リラックスできる赤ちゃん専用ゾーン
2.ディスカバリータウン
回す、転がす、組み立てる。しかけがいっぱいのあそび道具
3.アクティブオーシャン
広々としたスペースで、いろんな体の動きを体験してみよう

「ベビーガーデン」は赤ちゃんの安全や衛生面をしっかり考慮してつくられたゾーン。やわらかい床の上で手足を思い切り使ってハイハイしたり、段差につかまって立っちしたり、興味をそそられたあそび道具に触れてみたり。赤ちゃんはのびのびと遊ぶことができます。
また、「ベビーガーデン」は同じくらいの月齢の赤ちゃんを育てるママ、パパ同士が出会う場所にもなっています。おしゃべりをしたり、時にはちょっとした子育ての悩みを共有したり。

子どもの成長と発達に合ったあそびを熟知するスタッフ「プレイリーダー」もいますので、月齢に合わせたおすすめのあそびなど、お気軽に聞いてみてください。
赤ちゃんは家の中とは違った環境で、新しい刺激に出合い、好奇心をそそられます。ママやパパにとっては、赤ちゃんがどんなあそびを喜ぶのか、何ができるようになったかなど、成長を発見する喜びもあります。
「キドキド」で初めてハイハイした!初めて立っちした!など、赤ちゃんの「初めて」がたくさん生まれています。

年齢によって変わる、親子のふれあい遊びを教えます

TOP