ボーネルンド キドキド

1歳児とのふれあい遊び

「よくできたね」「がんばったね!」が子どもはうれしい

1歳くらいになると、子どもは同じことを何度もくり返したがるようになります。あそびの中でも同様で、同じ場所へ何度もボールを転がしたり、同じ本を何度も読んでほしがったり。こうした「くり返し遊び」を通して、子どもは自分が経験して知り得たことが、いつもその通りになることを確かめ、満足します。ママやパパは、くり返し遊びをする子どもに「できたね」「がんばったね!」「もう一度やってみようか」と、たくさん声をかけてあげてください。
子どもは、ひとつの「あそび」を親と共有することで、共感や応援される喜びを感じることができます。そしてこのことは、大切な親子の信頼関係にもつながっていきます。

子どもの“動きたい”欲求に応えるふれあい遊び

1歳半にもなると、ほとんどの子どもは自分の足で歩けるようになります。まだ歩行が安定していないながらも、じっとせず動き回るようになるのもこの頃です。育児をしながら家事をするママにとっては、成長を喜ぶ反面、本当に大変な時期ですよね。でもこれは、子どもの体が運動することを欲している“しるし”。1歳児くらいの子どもには、体を動かして遊ぶ楽しさを伝えてあげましょう。
そんな時、キドキドを活用してみませんか。家に遊具がなくても大丈夫。だっこしながらゆらゆら揺れてみたり、床の上で一緒に転がってみたり、くすぐり合いっこしてみたり。いろいろな形で遊ぶことができます。

キドキドなら、1歳児とのふれあい遊びがもっと楽しい!

親子で遊べる室内あそび場「キドキド」には、6ヶ月〜12歳までの子どもと一緒に、ふれあいながら楽しめるあそびがいっぱい!手や指、頭をつかってじっくり遊ぶ知育遊びのゾーンや、体を思いっきり動かして遊ぶ運動遊びのゾーン、そして赤ちゃんとママパパが安心して遊べる専用ゾーンがあり、世界のあそび道具で自由に好きなだけ遊ぶことができます。これらのゾーンはすべて親子で遊ぶためにつくられたもの。だから、ママとパパも子どもと一緒に思いっきり楽しんでくださいね。

近くのキドキド(ベビーガーデン)へ行ってみる!

キドキドは、全国に23箇所。お住まいのエリアから近くのキドキドを探してみてね。

年齢によって変わる、親子のふれあい遊びを教えます

TOP